お笑い練習帳

日常の笑い

いやー

最近、人を笑わせてないな―って思うんですよ。

 

昔は面白い奴が最強くらいに思ってたんですけど、

最近は冗談言う前にやることやれよって思っちゃうんですよね。

本当は全然そんなことないんですけど。

 

そりゃまぁ冗談言っちゃいけない空気とかはありますけど、

冗談言っちゃいけない人なんてこの世に一人もいませんからね。

 

でも自分では自分のことを冗談を言ってる場合じゃない人だと思っちゃってて。

仕事が出来ない人だって自負があるもんですから。

実際どうだかわかんないけど。

人から仕事が出来る人とも出来ない人とも言われませんからね。

まぁそれなりにやってる人ってことなんですかね。

 

僕の「大丈夫」は大丈夫じゃないってよく昔から言われますけどね。

でも大丈夫じゃなくても大きな問題にならないときしか大丈夫って言いませんけど。

ってことは本当に大丈夫じゃないってことじゃん。

 

えー、枕がちょっと長くなりましたが、

僕が最近冗談言わなくなったのは冗談言えない立場だって思ってるってことと

冗談は間違えると人を傷つけることがあるっていうのがあります。

 

昔は僕は結構つっこむタイプの人だったんです。

天然も強かったので、周りからはボケタイプと言われてましたが。

それは置いといて。

 

ツッコミを強い口調で言ってたんですよ。

そうすると、たまに怒ってるって思われることがあったんですね。

それで相手がビビっちゃったりして。

それとエピソードトークのときに辛辣なこと言ったりして、笑いが起こらずに変なフォローを入れられたりだとか。

まぁどっちも腕がないからそうなっちゃうって言ってしまえばそれまでなんですが、

別にお笑いが好きなわけじゃないって人も世の中にはいるわけで、

そういう人からしてみたらボケとかツッコミとかもよくわからないんですよね。

だから自分じゃボケたつもりじゃないのに強めのツッコミとかいれられちゃうと怖いんですね。

そのことに気づいてからツッコミとか悪口っぽいトークとかは控えるようになりました。

他人を傷つけない笑いをやろうと思ったんです。

でもそれって案外難しかったりします。

人の言動につっこんだり、他人の話をして笑いをとるのは封じられました。

じゃあどうするか。

自分を使って笑いをとる。自虐です。

でも自虐は自虐で「そんなことないよ」ってフォローが入ります。

変な空気になります。

笑いになりません。

 

さて困りました。

じゃあどうすれば、誰も傷つけず、変な空気にもならずにしっかり笑いをとれるのか。

 

悩んだ末に出した答えは

例えツッコミと乗りツッコミをやればいい。でした。

 

関西とか西日本の人からしてみたら普通のこと言ってるかも知れませんが、

僕が住んでる地域だと例えツッコミと乗りツッコミやる人って少ないんですよね。

ていうか、普通のツッコミと自虐が通用しないっていう方が変だと思われるかも知れませんけど。

 

ぶっちゃけ今の僕のキャラもあると思うんですけどね。

たぶん真面目な人だと思われてるんでしょうかね。

 

真面目なキャラの人がいきなりノリノリで笑い取りにいくとそれこそ変な空気になりますから、

例えツッコミと乗りツッコミを弱めにやっていけばいいんじゃないかと思ってます。

弱めにっていうのがポイントです。

 

例えツッコミも乗りツッコミも難しいツッコミではありますが、

昔イケイケだったころに例えツッコミも乗りツッコミもやってたんで、なんとかいけるんじゃないかと思います。

 

例えツッコミは今起こっている何かと別の何かが似てるなぁと思ったときにそれを言うだけ。

それで共感を得られれば大丈夫です。(失敗しても大丈夫。)

場合によっては共感より感心になるかもしれませんが変な空気にはならないと思うので大丈夫です。(本当に大丈夫。)

 

乗りツッコミはちょっとむずかしいけど、

僕の場合はたまにイジられることがあるので、「そうそう、そうなんですよね~。ってそんなことないですよ。」くらいに言っとけば大丈夫です。(たぶん。)

イジられなかった場合はやる機会はほぼないんで大丈夫です。(何が?)

 

あと忘れてましたけど、最近は説明ツッコミをよくやってますね。

相手が明らかにボケてきたときに「いやいや。それじゃ◯◯になっちゃいますよ。」とか「いやいやちょっと待ってくださいよ。それじゃ◯◯じゃないですか。」みたいな感じでボケたとおりになったらどうなるかって説明する感じのやつをやってます。

これは結構使えます。

万が一何も思いつかなくても、「いやいや、そんなことないっすよ~」とか「ちょっと待ってくださいよ~。それは困っちゃいますよ~」とか言っとけばなんとかなります。

というよりは、「ちょっと待ってくださいよ~。」って言ってる間に考えるって感じですね。本当に待ってもらってます。

で、何も思いつかなければそこで終わり。

最悪「ちょっと待ってくださいよ~。ね~?」って言えば変な笑いになります。

ツッコミ思いついてねぇな的なやつになります。

あとは「ちょっと待ってくださいよ~。何も面白い返し思いついてませんけどね~。」とかバリエーション持たしとくといいと思います。

 

基本は「ちょっと待ってくださいよ」的なやつでなんとかして、

行けるときは、説明ツッコミ、例えツッコミ、乗りツッコミを繰り出して行けば、ちょっとした笑いは取っていけるんじゃないかと思います。

ちょっとした笑いでいいんですよね。爆笑はいらない。そこまではいらない。

面白い人じゃなくて、ちょっと面白い人くらいで十分なんです。

 

珍しくまとめます。

・ボケられたとき

 ・基本は「ちょっと待ってくださいよ」パターン

 ・思いついたら説明ツッコミ、例えツッコミ

・イジられたとき

 ・「そうなんですよね~。ってそんなことないですよ。」パターン

 ・いけるときは「そうそう◯◯なんですよね。って違いますよ。」

・その他

 ・とりあえず笑っとく。

 ・笑いながら「いやいや、そりゃもうね~。ね~?」って無理やり突き進む。

 

まとめの中に言ってない奴あったけど、大丈夫!

天気の子

今日は仕事が午前のみの出勤でした。

 

職場で午後から何をしようって話になって、「映画でも見に行ったら?」

話になったもんだから、一人で映画館に行こうと決意。

やろうと思ったことはやらないと気がすまない性格なので、仕事終わってから映画館に行きました。

 

職場で勧められたのは、「天気の子」と「ライオンキング」の2つ

自分で調べてみたら、他に「引っ越し大名」「おっさんずラブ」「ダンス・ウィズ・ミー」もありました。

 

一番気になったのはダンス・ウィズ・ミー。ミュージカル好きなんで。

本当は舞台でミュージカル見に行きたいんだけど、田舎に住んでる上に仕事の関係で機会がない。。。

ダンス・ウィズ・ミーは夜遅くにならないとないのでまた今度。

 

あとはおっさんずラブ

ドラマは全部見ました。爆笑でした。

でもこれは見るとしたら友達と一緒がいいかなー。

 

引っ越し大名は今日はそういう気分じゃない。どういう気分だよ。

 

残るは天気の子とライオンキング

ライオンキングもちょっと時間が遅かったので、今回は天気の子にしました。

 

あ、もしかしたらネタバレになるかも知れないんでご注意ください。

まぁこのブログに辿り着いてる人がいるのかどうかが問題ですけどね。

この自虐、いつまで続けるのでしょうか。

 

あと、若干ディスってるような書き方になってしまうかと思うので、ごめんなさい。

ちゃんと面白かったし、感動もしましたよ!

 

まぁアレですね。

ほぼ何の前情報もなく話題の映画を見に行っただけなんでね。

楽しみに見に行った人に比べれば感動も薄いだろうし、感想の角度も違うとは思います。

 

しかしまぁ映画館で見ると集中して見れますね。

DVD借りて家とかで見るときとは集中の仕方が違いますね。

家で見てるとスマホやらなんやら集中を邪魔するものがありますからね。

家でスマホマナーモードにして集中して見るときもあるんですけど、なぜかそのときより雑念が多いってのもありますね。

集中してる割には余計なこと考えてしまいますね。

余計なことって言っても、ちゃんと映画に紐付いたことを考えてますけどね。

なんていうか、集中のもう一個向こう側にいってる感じですかね。

そう、集中の向こう側の境地に達するんです。

 

まずは冒頭、「え?行くの?」からの「高っ!怖っ!」です。

映画を見た方ならどこのこと言ってるかわかりますかね?

こんな感じで行きます。

長くなりそうだなぁ。。。

 

タイトルあけてしばらく「ほだかくん」の話。

意外とダーティな話でしたね。

東京怖いっすねー。

まぁでも実際東京って場所によっては危ない人がいそうだったり危なさそうな人がいたりしますからね。気をつけないといけませんね。

どこから来たかわかんないけど、東京じゃなくてもう少し都会から離れた場所にしとけばまだマシだったんじゃないかなぁ。

ほだかくんの若気の至りで起こす突発的な行動にヒヤヒヤです。

 

段々、極道ものになるんじゃないかって展開が続き、そこから貧困生活の話へ。

極道状態のときに知り合った超能力者「ひなちゃん」とビジネスを始める。

あれたぶん相当儲かったんじゃないかな?一人結構な枚数の万券くれてた人いたし。

天気操れるってすごいけど、どう考えても後々ひどいめに合いそうだし、そうじゃなくても悪いことしてる感が強い。見てて心配になりました。

 

ちょっとした出来事をきっかけにビジネスから手を引いて一安心。

かと思ったら、今度はほだかくんの極道時代の悪事が警察にバレて面倒くさいことになり始める。ひなちゃんはひなちゃんで「家に大人いないけどどうなってんの?」って状況になりだす。

幸福度右肩上がりからの急降下。しんどい。結局この映画は悲劇なのか。

若者の衝動的な行動でどんどん話が悪い方向に進んでいく。

少しの間お世話になった菅さん(←だと思ってた。本当は須賀さん)にも迷惑がかかり始める。でも須賀さんいい人。

ラブホに泊まる展開は読めましたね。都会のラブホ高いと思った。

ラブホでCMのあのシーンが!

てか本当にあのセリフ、劇中でいってたんだ。

ちなみに僕はカップ麺の時間、超適当です。

 

ラブホでひなちゃんが大胆な行動に出る!

一瞬、遠山の金さんかと思った。若い人わからないか?

緑の入れ墨見せつけて、実は極道の女だったことを激白して、また極道展開に行くかと思いましたが、全然違いました。勘違いも甚だしい。ちゃんと見ろよ、俺。

 

こんな感動大作をかなり曲がった方向から見てる俺ってヤバい奴だなと思っていたら、ほだかくんが大人たちからヤバい奴扱いされ始めました。

可哀相だけど、事情を知らない人からしてみたらかなりおかしい言動してますからね。致し方ない。人ってなかなか分かり合えない。

なぜかリーゼント刑事が三枚目キャラに向かい始めるし。細かい笑いの演出に笑いそうになりましたよ。いいんですよね?あの辺は笑い取りに来てたんですよね?

 

物語も終盤。須賀さんがほだかくんの前に立ちはだかる。

須賀さんの行動は大人としては正解。物語的には不正解。

この辺りが僕の中では一番の感動ポイントでした。そういえばこれ、感動する映画だったんだと思い出させてくれました。でも泣きませんよ。この歳(32歳)になって映画館で泣くのもね。

凪くんがねー。ありがちな感動セリフを言うんですけどね。それがなんだか刺さりました。

ほだかくんが凪くんを「先輩」って呼ぶのが地味に面白かったです。どんな緊急時でも「先輩!」っていうのが良かったです。「パイセン」じゃなくてよかったです。あと、先輩って呼んでることに誰もツッコまないのも良かったです。

 

さぁ物語はクライマックスですよ。

ほだかくんがひなちゃんにもう1回会ったとき、これまで大変な思いをしてきたほだかくんが出した結論に対して、

自己中!!

と思ってしまった人は大人になりすぎです。完全にスレてますよ。

 

最終的に全くもって予想外の方向に話は進みましたが、これはこれで有りなのかなって終わり方を迎えました。

 

見終わったあとの感想は、

「若いっていいな~」でした。

もう、おじさんはこんなに突っ走れないです。

世界中を敵に回しても君を守る的な決断もできませんし。周りに気を使っちゃいます。

 

あと、この子たちの将来が心配。。。

ってどの立場だよって自分で思っちゃいます。

 

 

 

本田翼と小栗旬が出てたんですね。全然わからなかったです。

最近の役者さんは声優も上手ですね。違和感ありませんでしたもん。

 

天気の子。もう1回見たいですね。

できれば映画館で。

個性

今日は質問コーナーです。

別に怖いやつじゃないですよ。

読者から質問が届いている「体」ってだけですから。

質問が届いてないどころか読者すらいないって?

それは寂しいやつになっちゃいます。

 

では早速、1つ目の茶番、いや、質問に参りましょう。

「私は友達から普通とよく言われます。確かに私は何の特徴もなくこれといった趣味もありません。こんな私でも個性を出す方法はありますか?」

 

普通と言われることに悩んでいると。

でも、普通って何なんでしょうね。

一口に普通といっても人によって普通の基準って違うから、別にわざわざ何かしなくても普通にしてれば自ずと個性が出てくると思いますよ。

むしろ、普通っていうのがあなたの個性なんじゃないんですか。

だから、そのまま普通を貫いていきましょう。

 

 

 

はい。終了。

これね、ただ「普通って人によって違うから普通にしてれば個性が出る。」っていう名言風の言葉が思いついたから、言いたかっただけです。

ただの茶番ですからぁ。

しかもよく考えたら大したこと言ってない気がしますし。

 

なんか恥ずかしくなってきましたね。

でも気にしない。

こういう恥ずかしい茶番とかやっちゃうの個性ですから。

個性って言葉で全部片付けます。

イジられる原因

異動してからもうすぐ1ヶ月がたちます。

僕は基本的にイジられキャラなのですが、新しい店舗では今のところイジられていないと思います。たぶん。

 

社会人になってから一番イジられたのは30歳のころに入社した保険の会社にいたころです。

 

若い頃は自分からイジられにいってた部分もありましたが、保険会社ではイジられようなんて思っておらず、静かに過ごしたいと思っていました。

そんな思いとは裏腹にイジられるイジられる。

あのときは大人しくしてたのに何であんなにイジられたんだろう?

特に天然発揮してたわけでもなかったと思うし。

何でだろう・・・?

よーく思い返してみたら、入社前の挨拶&食事会の時点でちょっとイジられ気味だった気がします。

初対面のときからイジられコースに向かっていたのです。

それはなぜか。

最初の挨拶に原因がありました。

 

僕は、はじめましての挨拶のとき用に自己紹介ギャグを持っています。

保険会社で使ったギャグは

「体格は小型だけど、血液型はO型です。」

というものでした。

たぶん、それ言ったせいだ。

自己紹介でウケ狙いにいくとイジられるんだ。

 

いや待てよ。

今いる会社で前の店舗にいたころは何もしてないのにイジられていたじゃないか。

 

それによく考えると、

保険会社でイジられてたのは挨拶だけが原因じゃなくて、そのあとの食事会であたふたしてせいもあったじゃないか。

 

結局、イジられる星の下に生まれたということですか。

バカは一生治らないっていうのと同じように

イジられキャラも一生治らないってことですか。

 

ちなみに天然は治ります。

僕は若い頃、自他ともに認める天然でしたが、今は天然やってませんから。

最近のミスはアレですから。記憶力の問題ですから。

引いて開くドアを押しちゃったりとか、横にスライドして開けるタイプのドアに激突したりっていうのはドアの開け方をちゃんと覚えてなかったせいですから。

そういうことです。

そいうことなんです。

駐車

最近、車の運転が下手になった気がします。

普通に運転するのは問題ないんですけど、

駐車とか細かいことが苦手になってきました。

 

今までは前からでも後ろからでも一発でピタッと停められてたんですよ。

ところが今は2,3回切り返さないときれいに停められないんですよね。

まぁ停める前に思いっきり振りかぶるって言うんですかね、場所いっぱい使って停めやすい角度にしてやれば行けるんですけどね。

でも昔はこんなことしなくてもちゃんと駐車できてた気がするんですけどねぇ。

 

駐車に限らずいろんなことに対して集中力なくなってる気がします。

なんだか常に急いでる。

これは仕事の影響ですね。

仕事中いつも急いでるから。

もう少し落ち着いて仕事がしたいもんです。

 

そういえば、車と言ったら駐車以外にもうまくいってないことが。

最近、信号にめちゃめちゃ引っかかる。

黄色信号で引っかかる。

こないだなんか片道40キロに道のりで15回くらい黄色で止まりましたもん。

普通に赤信号に引っかかるならわかりますよ。

でも黄色って。

目の前が青信号で気持ちよく走ってたら黄色に変わるって。

行けるかなーって思ってたら歩行者信号が点滅し始めるって。

 

最近、本当に黄色信号が多いんで、

だんだん黄色で行くか止まるかの判定がゆるくなってきましたよ。

今の若干アウト気味だったかなってときあります。

 

もはや嫌いな色が黄色になりそうです。

今までは赤だったんですけどね。暑苦しいから。

赤を超えて黄色がワースト1位になりそうですよ。

好きな色は緑かな?

なんだかんだで私物は緑色のものが多いし。

GUMの歯磨き粉のパッケージも緑だし。

それは色選べないやつ。

LEONET

会社で異動がでました。

7月25日の話ですが。

3週間前の話なってしまいますが。

 

異動するにあたって、職場が自宅(実家)から規定の距離以上離れることになるので、寮に入ることが出来るようになりました。

寮は、単身向けアパートを借り上げたもので、そのほとんどがレオパレスだそうです。

 

僕の寮も見事にレオパレスになりました。

レオパレスです。

正直、レオパレスはあまり良い評判がないので心配でしたが、

うーん。まぁ評判通りの部分もあれば、そこまでじゃない部分もありって感じですかね。

今、すげぇ当たり前のこと言った。

 

問題の大半は長い間、人が住んでいなかったことが原因だったので、大体は自分の努力で解決しましたが、自分の力では解決できない問題もあったり。。。

 

その中の一つがインターネット問題。

レオパレスって謎の「LEONET」っていう独自のインターネットのシステム使ってまして、それが便利なようで不便なんです。

 

まず、便利な点。

自分でネットを契約する必要がない。

自分でアパートを借りて一人暮らししたことある人ならわかると思うんですが、ネットって最初つなげるまで面倒くさくないですか?

自分で通信事業者探して、プロバイダーも探して、それもどのくらいそのアパートに住むかとかネットの使い方によって合う会社が変わるからいろいろ調べて。。。って面倒くさっ!って思ってたんですけど

そういうの考える必要がないからすごく楽でした。

 

が、しかし!

パソコンに有線でつなぎたい人にはあまり優しくない作りになってまして

 

もともと、「LifeStick」っていうテレビにネットを繋げる機械がついてて、

その機械はWi-Fiを飛ばすことも出来るようになってるんですけど

そのLifeStickを使っちゃうとパソコンに有線で繋げなくなっちゃうんです。

 

まぁHUBってやつを買ってケーブルを分岐すればいいんですけどね。

わざわざそんなの買うの面倒くさいしもったいない気がするし

 

もともとWi-Fiルーターを持ってたからそれを使いたいなーって思って。

単純にLifeStickを使わないで壁から出てる線に直接Wi-Fiルータを繋げば一応はつながるんです。

 

ただ、厄介な事があって

普通にルータをつなぐだけだと、毎日ログインを要求されるんですね。

これはかなり面倒くさい。

もうね、面倒くさいが口癖で、面倒くさいに支配された人生を送っている僕にとっては地獄のような状況ですよ。

ぶっちゃけ、ブログを書くのも面倒くさい!

じゃあ何故ブログを書くのか!?

なんでだろう!?

 

で、その「毎日ログインシステム」を回避する方法をネットで調べたら、ありました!有効な対策が。

 

NTPってやつを使うといいそうです。

NTPっていうのはネットを使っていないときでもルータが自動で数時間置きにネットに繋いでくれるやつらしいです。

なんでこれが有効なのかっていうと

LEONETってやつはネットに繋がっていない時間が長時間になると自動でログアウトされてしまうようになってるらしいです。

だから、出掛けて帰ってきたり、寝て起きたりとかするとログアウトされていて、またログインしなきゃいけないってなるんです。

だからNTPを使って1時間に1回とかネットにつなげればログアウトされなくて済むってことですね。

 

ではどうやったらNTPを使うことが出来るのか。

それは書きません!

何故なら、それでうまくいかなかったから。

NTP設定したのに毎日ログインさせられてから。

だって自分がやって成功しなかった方法を人に教える意味なんてないじゃないですか。

どうしても知りたいならググれ。自分で調べろよ。

ただ、このページに辿り着くにはググって相当深堀りしないと出てこないと思うんで、ググりすぎ。逆に。

たぶんNTPできた人はここには来てないと思いますよ。

じゃあ、今このページを見てるあなたは何なんですか?

このブログは誰に向けて発信しているんですか?

何の役に立つんですか?存在意義はあるんですか?

僕は何のために生まれて来たのでしょうか?

誰か!誰か答えてよ!

「あなたは世界中の誰かを少しでも幸せにする為に生まれてきたのです。」

うーん。少なくともこのブログ読んで幸せになる人はいない気がするなぁ

てか今の誰!?

 

結局、どうやって毎日ログインシステムを止めたかというと

昔使ってた古いスマホをずっとWi-Fiにつないどくって方法です。

 

これで無事解決しました。

 

もうね、LEONETってレオパレスが良かれと思ってやったことが裏目に出て、ただの余計なお世話っていうかむしろ迷惑になるサービスみたいですね。

でも短い期間住む人からしてみれば初期費用とか工事費とか払わなくていいってことになるのか。

そういうことか。

風邪

来てますね。

冬将軍。

 

冬将軍が登場するとこんなに過酷になるなんて。

こりゃもう悪政ですよ。

民衆を苦しめている。

 

こうなったら冬将軍を倒して倒幕しなきゃなりません。

 

一揆だ!

謀反だ!

天誅だ!

 

天誅は冬将軍そのものが天誅みたいなもんですけどね。

 

そんな寒い冬がやってきましたが

僕が今のいる職場はとにかく寒いです。

特に僕がよく仕事してる位置は立ち位置的に冷たい隙間風がピューピュー吹いてくる場所で

しかもあまり厚着できない職場なのでかなり辛い。

 

でも何故か今年は風邪をひかない自信があります。

なんの根拠もないんですけど。

 

風邪をひくとしたら仕事中じゃなくて家にいるときのような気がします。

 

風邪って油断したときにひくっていう感覚ありませんか?

 

寒いってわかってて寒いところにいると風邪をひかないんですけど

気がついたら寒かったとかそういう不意に襲ってくる寒さには弱いっていうか

 

よくあるのがスマホやPCに集中してて、気がついたら体が冷えてたとき。

これは危ない。

 

でも家でスマホやPC使ってるときって基本は一人なのでインフルエンザにはかからないだろうから大丈夫だろうなんて思ったりもしますが。