はじめまして

どーも!

はじめまして!

このブログの主です。主?

 

えー、この度ブログを始めることになりました。

おめでとう!俺。

めでたいことなのか!?

 

はい。

なぜブログを始めようと思ったかと言うと

僕はお笑いが好きなんです。

どのくらい好きかって言うと

子供の頃からずっとお笑い芸人になりたくて

数年前に意を決してお笑いの世界に飛び込もうとしました。

ですが、入り口で失敗して夢敗れる。

なんてことがあるくらい好きです。

 

不完全燃焼ながらも芸人の夢を諦めました。

そして今は営業の仕事をしております。

 

夢を諦めたとは言っても頑張る前に終わってしまったので

キレイにすっぱり諦めきれていない部分がありまして

もっと面白くなりたい!とか

面白いこと言って笑いをとりたい!とか

よく考えてしまうんです。

 

営業マンとしても面白いほうがいいだろうし。

 

それで、面白いことを考える練習としてブログをはじめました。

そう。ブログを始めた理由は

「お笑いの練習のため」です。

 

さて、ブログがどう練習になるのか考えてみましょう。

~ブログがお笑いの練習になる10個の理由~

 

1. 頭の中で考えたことを形にする

いわゆるアウトプットってやつです。

なんでも勉強(インプット)するだけじゃなかなか身につかないので実践(アウトプット)もしていきましょうってことです。

 

2. ネタ帳的な役割

プロの芸人さんはネタ帳っていうのを持ってるそうです。

面白い出来事をメモしておいて話したり。

思いついたギャグなんかをメモしたり。

上田晋也さんは思いついた例えツッコミをメモしていたそうです。

 

3. 日頃からアンテナを張る練習

朝起きて、会社に行って、帰ってきて、寝て、また朝になったら・・・。

そんな日常はつまらないですよね。

でも芸人さんはそんなつまらない日常からでも面白いネタを見つけ出すことが出来るのです。

それはなぜかというと、アンテナの感度が高いから。

高感度おもしろセンサーを持っているので一見つまらない出来事でも面白く話すことができるのです。

ブログをやってると日常的にネタ探しをするようになります。

日常的にネタ探しをしているとアンテナの感度が高まります。

ブログは読者からも自分が誰だか知られることもないし、自分からも誰が読んでるかなんてわからないので気を使わなくていいです。

僕みたいにシュールなことばかり考えちゃって、日常生活でほぼ全ネタ捨てるなんて人間にはもってこいです。

ブログは面白いって思ってくれた人だけ読めばいいんだもん。

 

4. 伝え方の練習

これはちょっと問題があります。

それは文章で書く場合と、口頭で話す場合では、同じネタでも伝え方が大きく変わってくるという点です。

笑いを取るっていうと目の前に相手がいて実際に喋って笑わせるっていうことがメインになると思います。

喋るってことは表情や身振り、声の調子、間などのテクニックも使うことになります。

それはいくら文章を書いても上達しません。実際に喋るしかないです。

じゃあ伝え方に関してはブログ書いたって意味ないんじゃない?なんて思われるでしょう。

そう思います。

でも、ブログは喋りに比べてゆっくり考えられるし、後で見直すことも出来るので話の構成を考える練習にはなると思います。

 

以上、

~ブログがお笑いの練習になる4個の理由~

でした。

流行りの感じにしてみました。

 

とまぁいろいろ書いて見ましたが

文章書くの下手ですね~。読みづらい。

文章も練習しなきゃですね。

 

次回からは無理矢理ネタを絞り出して書いていこうと思います。

以上!

 

あと一応、相方募集もしてます。

宣伝おっけー。